ダーツ

「小熊式」DVD

HOME > 間違ったダーツの投げ方

こんな練習や投げ方では、上達しないのも当たり前

最近は、インターネットの普及やダーツ人口の増加で
ダーツに関する様々な情報を、手軽に知ることができるようになりました
私がダーツを始めた40年前は、考えられない世界です。

しかし、弊害として

ちょっと上手くなった程度で、間違った教え方をしてしまう人や
情報がありすぎて、迷ってしまい、余計にダーツが上達しない人が増えているのも
残念ながら、事実なのです。

私は40年の間

間違った投げ方を教えられて
かえってダーツ上達に遠回りして
苦しめられている人を、いやという程見て来ました

ここでは、よく言われているダーツの投げ方や上達法、練習法が
実は間違っているということを、あなたに知ってもらうためのページです。

このページに書いてある、間違った投げ方を止めるだけで
急に勝手に上達してしまう人もいます。

間違った投げ方、練習方法をやめて、ダーツを上達させましょう!

ダーツ初心者の方は要注意!
ブルに入れる練習、シングルに入れる練習などを一生懸命続けている

ダーツを始めたばかりの初心者の方や、CやBフライトの方
三本のダーツがまとまらない方は、結論から言いますと
これは非常に遠回りな練習方法です。

自分のフォームが確立していない状態で入れようとしても
狙って入るわけがありません。

それよりも、自分に本当に合った投げ方を身に付ける
フォーム固めの練習のほうが先です。

フォームが固まってくると
自然に狙った所にダーツが飛んで行くようになります。

入れる練習ではなく、結果的に入るような
フォーム固めの練習をすることが重要です。

練習の時にも、本番や対戦を想定し、点数をしっかり意識している

一見、大事な勝負や本番を想定しての練習なので有効に見えますが
これも、フォームが確立し、安定したAフライト以上の人の練習方法です

それ以外の方は、かえって遠回りです。

まだフォームが確立していないので、どうしても点数を意識してしまい
狙いすぎて、力みの原因や、最も大事なフォーム固めに意識が行かなくなり
せっかくの練習の時間を無駄な時間で浪費してしまいます。

フォーム固めの練習のほうが絶対的に、先です。

上級者やトッププレイヤーの投げ方を真似している

人はそれぞれ体格が違います。当然、上級者とあなたでは体格が違います
上級者の投げ方が、あなたの体格に合っているとは限りません。

トッププレイヤーの投げ方をそのまま真似をして
自分に合っていない無理な投げ方で
上達を妨げられている人を嫌と言うほど見てきました。

真似をするのが有効なのは、まだダーツが届かない・刺さらない段階の人です。

他人の真似ではなく
本当にあなたの体格にあったフォームを見つけることが重要です。

スタンスで立つとき、重心はつま先にかけるのが正しい

確かにつま先のほうがスタンスは安定はします。

ところが、一見不安定に見えるかかと重心には実は大きなメリットがあります
かかとに重心を移動することにより手・腕・肩・腰・足が
ダーツボードに向かって、垂直、一直線になるのです。

実はつま先重心では、ダーツボードに真っ直ぐに立っているように意識しても
実は斜めになっていることが多いです。

かかと重心にした途端、左右のブレがなくなり、入るようになる人もいます
本当に自分に合った重心を探す必要があるのです。

力んではいけないので、楽に投げられるように
リラックスして力を抜いて投げている

確かに力むと狙い通りに入りません
しかし、ただ単に力を抜けば良いというわけではありません。

意識的に力を抜いてしまうと、すっぽ抜けたりして
余計ダーツが安定して飛ばなくなります。

自分に本当に合ったフォームであれば自然に投げられ、力が入りません
結果的に力が入らないように、自分のフォームを見つけることが重要です。

ダーツには正しいリリースポイントがあり、それを意識して投げている

「このタイミングでダーツを離すんだよ!」
「この位置でリリースするとよく飛ぶから」
「ほら!今持ちすぎたから下に行っちゃったでしょ」
「もっと気持ち手前でリリースしないと!」
といった会話を聞いたことはないでしょうか?

結論を言いますと、正しいリリースポイントは人によって違います
人それぞれ身長も腕の長さも力も速度も、リズムも人によって違うので当然です。

また、リリースの瞬間は、本当に一瞬のことなので
意識してリリースポイントをコントロールすることは、人間では限りなく不可能に近いです。

そのため、リリースポイントを意識するとかえって不安定になり、入らなくなります。

しかし人それぞれの「ズバリ正しいリリースポイント」は存在します
それは他人から教えられるのではなく、自分で見つけることが重要です。

テイクバックは、ダーツの飛びがよくなるので十分引くようにしたほうがいい

確かに十分引いた方が飛びが良くなります。しかし
十分引く距離が多くなればなるほどそれほどズレの幅が大きくなります。

殆どテイクバックしないトッププレイヤーもいます。

少し引いたほうが距離が短い分、ズレの幅が小さくて済みます
つまり、十分引かなくてはいけないというわけではないのです。

個々に腕の長さも違うので、テイクバックにも人それぞれのスタイルがあります
自分にあったテイクバックを見つけることが重要です。

ダーツ上級者のアドバイスはかえって上達しないことも!

多くの上級者やトッププレイヤーは、人に教えるとき
自分が入っているので、それが正しい投げ方だと勘違いをして
体型も力も何もかも違うあなたに、その投げ方をそのまま教えてしまうのです。

また、かっこいいところを見せたいという気持ちから
ちょっと入るようになっただけの
「教えたがり」「教え魔」がとても多いのも現状です。

また、一般的に市販されている教則DVDや雑誌などの殆どの内容は

「私の投げ方はこうです」
だけで終わってしまって結局何の参考にもならないものや

「私の投げ方はこうです、だからこう投げた方がいい」
「自分の投げ方が絶対正しい」として解説してしまっているものが殆どです。

「私はこう投げて入っている、だからあなたもこう投げれば入るようになる」
という教え方が間違っている、ということがおわかり頂けたでしょうか。

私はこれまでダーツ指導をしてきて、間違った指導法の影響で
かえって上達に苦しめられている人を、本当にイヤというほど見てきました。

ある有名な、世界チャンピオンでさえ
間違ったアドバイスをしていた時には
さすがにショックでした。

もちろん、あなたの上達を願って教えてくれているので
それを受け入れないこと、否定することは非常に辛いことです、しかし

世界チャンピオンのアドバイスが参考にならないどころか
逆に上達の妨げになっている可能性があるのが現状です。

しかし、ご安心下さい。

あなたを散々迷わせてきた、様々な情報や悩みは
次に紹介する、私の上達法を実践すれば
みるみる上達してAフライト程度なら、なれます。

PageTop




HOME - 間違ったダーツの投げ方 - 正しいダーツの投げ方 - ダーツ投げ方,上達「小熊式」 - Q&A - お申し込み - 小熊恒久の紹介

無料アドバイス - サンプルムービー - ダーツとお酒の楽しみ方 - あなたのマナー大丈夫?

ダーツボード設置@自宅練習 - これだけでブルに入る

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ