ダーツ

「小熊式」DVD

HOME > 正しいダーツの投げ方

「どんな投げ方でもいい」これがダーツの正しい投げ方です

あなたは世界の様々な個性的なダーツプレイヤーの
スローを見たことがありますか?

上半身がフラフラで不安定だったり、おかしなグリップで投げていたりしても
しっかり狙った所に入れているプレイヤーは大勢います。

結局のところ・・

入ってしまえば、どんな変な投げ方でもいいのです。
実はどんな投げ方をしても、膨大な練習時間さえ確保できれば
一定のレベルまでは到達できます。

これは、多くの個性的なダーツプレイヤーが証明してくれています
あなたの周りにも

「変なフォームだけど、何でそんなに入るんだろう・・・」
「絶対自分の方がフォームキレイなはずなのに・・」

あなたの周りにもそんな人、いませんか?

フィギアスケートのように、格好悪い滑り方(フォーム)であると
減点になる、というルールなどもありません。

「フォームに正解がない」
これが他のスポーツとダーツの大きな違いです。

だからこそ、あれこれ迷って遠回りをしてしまうのです
当然です。正解がないのですから。

「じゃあダーツ上達には、結局何をやればいいんですか」

「じゃあダーツ上達には、結局何をやればいいんですか」

これまでは間違ったダーツの投げ方や練習方法をお伝えしました
では実際に何をやったらいいのでしょうか?
どんな投げ方が正しいのでしょうか?

その質問に答える前に、逆にあなたに質問をします。

「あなたは一日にどれだけの時間をダーツにかけられますか?」

それによって、私がアドバイスできることは変わってきます。

あなたがダーツにかけられる時間は限られているはずです。

もしあなたが、一日中、毎日、自由にダーツが投げられる方であれば
今の投げ方をひたすら続けて頂いても結構です。
非常に遠回りであっても、膨大な練習量さえ確保できれば
どんな投げ方でもある程度のレベルまでは到達できます。

しかし、ダーツの練習にかけられる時間が限られている方は
極力少ない時間で、早く上達する方法を実践する必要があります。

では、一体何をすればいいのでしょうか?
あなたが遠回りをせず、ダーツ上達の最短距離を一直線に進むために
あなたがしていただくことは、これです。

全員に共通する「ある基本形」を身に付ける
「自分に本当にあったフォーム」を見つける

たったこれだけです。たったこれだけでいいのです。

「自分のフォームを見つける」これがないと、どんな練習もムダ

自分の理想の投げ方やフォームは、他人ではなく、自分の中にあります
その「自分だけの答え」を見つけるにはあるコツがあります。

この「あるコツ」は私が40年の経験で
導き出した方法です。絶対の自信を持っています。

答えを見つけた瞬間は何とも言えない衝撃が走ります。
「これだ!」という感覚に何度も襲われるでしょう。

自分の理想のフォームでない投げ方で上達するには
無理や違和感がかかりますから、相当な練習時間が必要で、非常に遠回りです。

「ダーツを入れる練習」をやみくもにやるのではなく
まずは先に「自分のフォーム見つける練習」で
「結果的」に入るようになる方が早いのです。

自分の理想の投げ方を発見して、そこで初めて
狙った所に自然にダーツが飛んで行くようになるのです。

しかし「自分のフォームの見つけ方」に本格的に言及している
上級者、DVDや書籍などの教則商品は、残念ながら皆無に等しいです。

殆どの人は
本当に自分に合った投げ方やフォームを見つけられずに
ただやみくもに、入れる練習ばかりに時間を無駄に浪費しているか
他人の真似やアドバイスでかえって無理な投げ方をしているか
何となく感覚だけで試行錯誤を繰りかえし、遠回りしている人が殆どなのです。

あなたに合った投げ方を見つけられずに、誰かの真似だけをしていては
なかなかC〜Bフライトから抜け出せませんし
遠回りになり、上達までに時間がかかります。

「フォーム?自分なりに固まってきているけど」

ではあなたは現在Aフライトでしょうか?
三本、毎回同じところに入るでしょうか?安定してまとまるでしょうか?
そうでないなら、あなたに本当に合ったフォームが
まだ見つけられていない可能性があります。

こんなダーツの上達法では、上達しない!

先ほども申し上げましたが
今までのダーツの本、雑誌、DVD、テレビ映像、上級者のアドバイスの内容は
こんな感じではなかったでしょうか?

『私はこの投げ方です』
自分の投げ方を紹介するだけで終わってしまい、何の参考にもならない・・・

『私はこの投げ方で上達した、だからこう投げた方が良い』
自分と体格が違うのに、自分のスタイルを押し付けてしまっていている・・・

『体は動かさずに、グリップはしっかり、ターゲットを見て投げましょう』
当たり前の一般論しか教えてくれない、そんなことわかっている・・・

そんな情報にあなたもウンザリしているのではないでしょうか?
DVDなどは収録時間も、たったの1時間程度で終わっているものが殆どです。
上達に関係ないプライベートのトークや単なるスロー動画の垂れ流しで
残りの時間を埋めているような、ひどい内容のものもあります。

このような内容で、果たして自分の理想の投げ方やフォームが発見でき
上達することができるのでしょうか

ダーツの投げ方には「大原則」があります

そして、自分に合ったフォームは人それぞれですが
ダーツ上達の近道には

ある理想の形である大原則があります
私が40年の経験で導き出したものです
これはどんな体格にも当てはまることです。

この大原則から外れてしまうと
上達のスピードは一気に遅くなってしまいます。

逆に、大原則を身に付ければ
今までの伸び悩みや練習がウソのように
一気に上達スピードが加速します

この大原則は、あなたに合っている投げ方を見つける前の
基本中の基本になります。

しかし、非常に残念なことに・・

大原則ができていないか、間違っている人が殆どなのが現状です。

私のダーツ上達法のノウハウを全てDVDに注ぎ込みました

私は今までの40年間のダーツ経験で培ってきた上達のコツを全て
包み隠さず、何から何まで全て、今回のDVD4枚に注ぎ込みました。

気が付いたら、総収録時間が9時間以上にも膨れ上がってしまいました。

「あの・・10時間の内容を全てやるんですか・・」

違います。ダーツは人それぞれ悩みの箇所などが違います
実は10時間の中であなたのヒントになる部分は、ごく一部なはずです。

しかし、この「ごく一部」のちょっとした気付きが
突然上達させてしまう「起爆剤」になることが非常に多いのです。

私はなるべく多くの方にこの「起爆剤」を提供したく
とにかく時間の許す限り、内容を盛り込んだ結果、10時間になったのです。

実は、まだまだ話せていない内容が多くあり
その内容を特典として小冊子に補足でまとめました。

しかし、正直私が感じたことは「たったの10時間なのか」ということです。
ダーツはシンプルなゲームですが、非常に奥の深いゲームです。
そのダーツの上達法を全て解説し尽くしたらそれだけの時間になっても当然です。

逆に

1時間程度で終わってしまうダーツの教則DVDというものが
私には到底信じられません。

当然、DVD4枚全てがダーツ上達に関する解説になっています。
ダーツ上達に関係ないトークや、ひたすらスロー動画の垂れ流しもありません。

ゲームの基本的なルール解説もありません。
本やネットでいくらでも情報は得られますので、自分で調べて下さい。

アレンジ(ゼロワンゲームで上手く上がるための狙い方)の内容もありません。

しっかり狙うことができるまでは、アレンジなど知っていても
あまり役に立たないからです

また、アレンジの情報はネットや本でいくらでも入手できます。

ダーツ上達,投げ方!Aフライトスピード養成講座「小熊式」
DVDの収録内容はこちら

PageTop




HOME - 間違ったダーツの投げ方 - 正しいダーツの投げ方 - ダーツ投げ方,上達「小熊式」 - Q&A - お申し込み - 小熊恒久の紹介

無料アドバイス - サンプルムービー - ダーツとお酒の楽しみ方 - あなたのマナー大丈夫?

ダーツボード設置@自宅練習 - これだけでブルに入る

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ